これが今の現実か

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをGoogle bookmarkに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

今年の春から、地元の市民プロジェクトに参加しています。
内容と詳細は長くなるので割愛しますが、小さなコミュニティです。

今日もその集まりがありまして、
参加者をお伝えすると年齢的には30代から80代まで。
私は若い方です。
で、その中で大学生が事務局として参加しています。

本題です。
あ、これが今の現実かと実感した場面がありまして、
参加者それぞれの町の未来を話したら、近未来の内容ばかり。
で、学生は「もっと私達がお婆ちゃんになった頃までの未来を考えて欲しい」と一言。

くどいようですが、プロジェクトの内容は置いときます。
言いたいのは、学生から見たら親かお爺ちゃんお婆ちゃん世代が近未来を語り、
若い学生が70年か80年先を口にする。

逆だろ!って突っ込んでしまった。

議論の内容じゃない。
浮き彫りになったのは根本的なもの。
その現実に触れることができたので、小さなコミュニティの集まりだけど、
収穫は大きくのしかかった。

コメントをどうぞ