旅ちょ@新潟市江南区亀田~1・24放送~

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをGoogle bookmarkに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

さ、どんな出会いが待っているのか、今回は亀田駅から歩き出しました。
さっそく僕らを見つけて手を振ってくれる人が。

亀田駅前の整骨院さん。

旅ちょをみてくれている方でした。
「本当に突撃で歩いているんですね」って驚いていましたが、
この日は亀田の市(いち)が開かれているんで行ってみてって紹介してくれました。
のっけから嬉しい出会い、ありがたい情報をいただきました。

市場へ向かいました。
3と9の日に開かれる亀田の市(いち)は300年以上の歴史があるそうです。
市場通りで生まれ育った私は馴染みの光景。
露店のおじちゃんおばちゃんと世間話をしながら買い物をする。
それが楽しい。
むしろ世間話が目的だったりもします。

市場通りに気になるお店を見つけました。
「ねこい」さん。

空き店舗を活用してるお店で、絵画教室などもできる交流の場でした。
店内には手書きの絵がいっぱい飾られていていましたよ。


亀田の市場は絵になりますね。
目の前の光景がまるで物語のような素敵な世界になります。




お店の方にお話を聞くと、亀田が大好きでなんだそうです。
時代の流れで無くなる建物も絵にしていました。
走り書きで力感ある線が絵に生命力を与えています。
絵だからこそ表現できる町の息吹と人々が暮らしていた生活感が伝わってきます。

お邪魔していた時間がちょうど絵画教室をされてまして、
生徒さん達がテレビNGということで写真がないのですが、
作家さんと素敵な出会いができました。
この絵は亀田の宝ものです。

さてさて、商店街を歩いていると気になるお店がありました。
お菓子の古泉さん。

何が気になったかというと、お菓子もそうなんですが、
知り合いの漫画家古泉智浩さんのお宅だからです。

古泉さんの作品は映画化もされています。
この日は智浩さんには会えませんでしたが、
お母さんとお嫁さんと可愛い息子さんが迎えてくれました。

めっちゃカワイイ!
見ているだけでデレデレになりますね。
僕もまきまきも抱っこさせてもらったけど泣かないんです。
家族の愛情をひとりり占めだね。

おすすめしていただいたのは、みかん大福。
初めて食べました!
これは美味しい!!
食べてみてください。

元気もらって、亀田でもう一つ出会いがあるといいねってんで、
歩いて歩いて、見つけのがパン屋の「クレート」さん。
こちらも僕らを見つけて手を振ってくれました。


美味しそうなパンがありましたが、
店内には気になるスペースがありました。
じぇじぇじぇ!(懐かしいフレーズ)
ジェラート!

お子さん達に大人気だそうです。

まきまきが「あ!これみつる先生食べたことありますか?」って教えてくれたのは、
塩パン。
初めて食べたけどイケますね!
これハマった!!

ぞくぞくとお客さんがいらっしゃるお時間にお邪魔したにも関わらず、
笑顔で迎えてくれたありがとうございました。

今回の似顔絵は、古泉さんのお母さん。


温かくて嬉しい出会いに恵まれた亀田の旅でした。
お会いした皆さんありがとうございました。

コメントをどうぞ