日報カルチャースクール

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをGoogle bookmarkに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

シンプルにバランスよく。

似顔絵初心者の皆さんも、僕の弟子達も一緒で、

だんだんと気持ちが慣れてくると、自分で考え出すようになり、

当初のパーツを並べる素直さを見事に忘れてしまうんですね。

人間ですから、欲とか色気とか外見とかが出てきますからね。

そうなると、指導してることを聞いてはいるんだけど、

描くと全く違うことをし始める。

そういうもんなんです。

これも経験。

観ていて発見があります。

いくら似顔絵初心者の人でも、癖が絵にちゃんと表れてくるんですね。

どんなモデルの人でも、同じ鼻を描く人や同じ目を描くんです。

ウチの弟子達も、漫画タッチ、お習字が調子悪い時に出てきますから。

この癖を自らが気がつくと、打開策が分かってステップアップするんですね。

描いたものを外に出すことが、自分を知ることになります。

面白いですよね、人様をモデルに描いていますが、

それによって自分を知るんですから。

コメントをどうぞ