片岡鶴太郎さんより

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをGoogle bookmarkに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

ある方の計らいで、DeKKY401での似顔絵10,000人描き達成のお祝いに、

片岡鶴太郎さんから画集をいただきました。

日本人独特のとっても繊細な色遣い。

鶴太郎さんの心がこの絵に込められているって、生で見て凄く感じました。

いつかお会いしたいと思っています。

さすがに今回はカラー写真をアップしましたが、

絵の息遣いや迫力は、残念だけど肉眼以外の物では半減されちゃうんですね。

ここんとこ、こうしてネット環境が広がって、テレビもデジタル化され、映画もCGに3D、

もう「情報」が溢れたまま一斉に一方に流れて、

全くもってつまらなくなってるって感じています。

つまり、本当の事を知りたがって逆に本当のことが見えなくなってる世の中。

だったら情報を減らして不便にしたら、想像や驚きがその先にはあるだろうってんで、

写真を白黒にしたりなんかしています。

一方で反対のものも無いと面白くないもんね。

その辺の話を鶴太郎さんとしてみたい。

コメント / トラックバック1件

  1. 五十嵐康晴 より:

    初めまして。魚沼市に住んでいる、五十嵐康晴と言います。「まるどりっ!」楽しく拝見しております。私も最近、歴史上の人物を描く様になりました。全然似ていませんがブログに掲載しておりますので一度見て頂きたいと思います。今後のご活躍お祈りいたします。魚沼に来る機会がございましたらよろしくお願いいたします。

コメントをどうぞ