2010年7月28日 のアーカイブ

桑田佳祐さんが・・・

2010年7月28日 水曜日

桑田佳祐さんが、がんを公表。

大きな衝撃を受けています・・・。

回復してほしい。

ファンとして、ただただ信じるしかないです。

http://www.sas-fan.net/oshirase/index.html

新潟代表は明訓高校

2010年7月28日 水曜日

去年の甲子園準優勝高の日本文理を破り、

新潟明訓高校が勝ちました!

PONちゃん

2010年7月28日 水曜日

UX高橋美穂アナことPONちゃん。

新潟に来てまだ4ヶ月。

っていうか、社会人になって4ヶ月。

入社していきなり「まるどりっ!」「キンコンカン」とレギュラー番組を2本。

右も左も全く分からないはずなのに、よく頑張ってる!っていつも関心しています。

一緒にいる者として、PONちゃんをたくさんの人に応援してもらいたい!

当然の思いです。

僕なりのPONちゃんを紹介するとですね、ま、年齢も親子ほどの差。

娘みたいなもんです。

ただ、こんなにしっかりとした娘が本当にいたら、お父さんは安心だなぁって。

撮影中なんだけど、父と娘の旅感覚にどこかなってしまうんです、どうしても。

PONちゃんはそうは思ってないでしょうけどね(笑)

PONちゃんの凄いところは、この若さでもう出来てるんじゃない?って、

思わせるとこがあるんです。

それはですね、だいたいですよ、だいたいどの人も、

何かに向かう時に「私は(オレは)こうしたい」とか「こんなことをしたい」と、

自分色を出したがるもんです。

一見、自己表現ではありますが、一方では自己防衛でもあったりします。

だから口にするもんなんですけど、PONちゃんからはそれを聞いたことがない。

「アナウンサーになりたいって、ずっと思ってました」だけ。

望んでいたスタンスに立ったら、やらなきゃいけないのは、

どれだけの要求に応えられるか?

経験から表現ができるようになったら、どれだけの期待に応えられるか?

その為に頑張れば、たくさんのものを吸収しながら道は真っ直ぐ進める。

出来る人って、こういう進み方をして、だんだん自分の色を出して行くもんなんです。

ヤレ!と言われたから嫌じゃなく、

どれだけ期待に応えられるかって姿勢ですよね。

だから、仕事が与えられる情況になって、信頼される環境が築けてゆく。

僕は30歳でそれに気がつき、続けてはいるけど、

ダメですなぁ、過去のバカな自分がいまだにヒョコヒョコ表に出てくる。

若いPONちゃんはどこで覚えたんだろう?って、ほんと関心しっぱなし。

ま、これもPONちゃんは意識していないとは思うけど、

ご両親の教えから身についたことなんだろうね。

社会の厳しさに、いろいろ悩んで一人涙してる時もあるはずでしょうけど、

皆さん、見ていてください。

PONちゃんの将来は、とっても、とても楽しみです。

その貴重な一年目を、優しく見つめて応援していただけたらと思っています。

明日は、先週放送した旅ちょ粟島、僕とPONちゃんの珍道中を紹介しますね。

UX「まるどりっ!」 http://uxtv.jp/bangumi/marudori/index.php