2010年10月4日 のアーカイブ

3歳の肖像

2010年10月4日 月曜日

毎年誕生日になると来てくれるリピーターさんはたくさんいますが、

三人のお子さんが3歳になった時の絵が揃ったっていうご家族がいらっしゃいました。

毎週末DeKKY401で8年間継続していたら、こういう展開も生まれるんですね。

そもそも「似顔絵」って、圧倒的に人口が多い大都会で、

お客さんは観光地に行ってみたら、似顔絵を描く人がいたから、旅の思い出に。

描き手は各地を転々としながら、っていうのが「似顔絵」と触れ合うってのが定番ですよね。

ところが、人口が減少していて似顔絵の土壌が無かった新潟。

やるにはハナっからハンディありあり・・・。

しかも、新潟って、特に警戒心が強く、引っ込み思案な気質と言われていて、

それでいて、ものすごく東京に強い憧れを抱くんだそうですから。

ま、確かに、僕もそうですわ。

都会と同じ事をしては駄目。

じゃ、どうしたらいいかっていうと、

新しいものには警戒するけど、一度顔見知りになると親しくなってくれる気質でもあるんで、

このワンクッション多い作業をあきらめずにやる事が、新潟で生きる道じゃないかと!

集団を作らず、一人で、一箇所で、定期的に続ける事。

こんな孤独で物凄くしんどい事を、楽しんでやらなきゃいけないだな、これが。

ただし、ただし、大都会よりも誰よりもいい絵を描く。

これだけは負けないって強い意識とプレッシャーを自分に科すわけです。

いい絵を描けば、分かってもらえる。

そう思って続けていたら、たくさんの方々から応援していただいて、支えてもらって、

どっこい、こうしてリピーターさんが増えて来ました。

そこに行けば「似顔絵」がある。

そんな近い距離に、ようやく、ようやく「似顔絵」の存在を認めてもらえて来たって感じです。

で、8年経って、大都会とは違う、いえ、大都会では出来ない、

新潟ならではの似顔絵が展開してる。

僕はそれが何より嬉しいです。

おかげさまで、昨日でDeKKY401似顔絵コーナー、

描いた似顔絵延べ人数が9800人を越えました。

地方新潟でこの数になっているのは、大都会よりも重いものだと僕は確信しています。

もうじき、1万人になるんですね。

はぁ~。

いろんな事が積み重なっていて、たくさんの時間をかけているんで、

言葉にならないです。