2010年12月1日 のアーカイブ

とある手法

2010年12月1日 水曜日

ミーティングなどで結論を出さなきゃいけないような場面で、

いつも僕が使う手なんですが、

誰より先に、何でもいいから結論を言っちゃう。

例えば、町興しの企画会議をしていた頃、ま、僕がリーダーを担当した時のことなんですが、

いきなり「お客さんを5万人は集めたい」と言ったところ、

「そんなの無理に決まってる」とか「真面目に考えて」や苦笑するって反応が。

ところが、次にどういう展開になるかっていうと、

メンバー一人一人がどんどん意見を言い出すわけです。

それが僕の手法だったりします。

だいたいですが、一つのテーマをみんなで考えようとすると、

強い発言力のある人がいて、

その意見に反論できず、心無い賛同で多数決して決めるって会議だったり、

集められて、結局はリーダー的存在の人の意見に従えっていう会議。

それが会議になってます。

ただでさえ、何か意見を言えと言っても、言わない人が多いのに、

あえて誰かが素っ頓狂な意見を先に言っちゃうと、

だいたい何らかの反応が出るもんなんです。

そうなると、結論的な話が早くイメージ化できて、ミーティングも早く終わったりなんかして、

一石二鳥だったりも。

ただ先に素っ頓狂な事を言うわけですから、

「あいつは変な事を言う」とか「バカなことしか言わない」ってバカにされますが、

そんなの笑って済ませばいいんです。

だらだらと、くだらない会議をする方がよっぽど辛い。

オレの言う事を聞けって指示される方がよっぽどつまらない。

以前、中学生だった娘が「櫻井翔くんみたいな人と結婚したい」って言ったんで、

ま、普通「そんな奴いね~よ」って言いがちだけど、

「櫻井翔くんみたいな人じゃなく、櫻井翔くんにしなさい」と言ったところ、

その後、娘は自分の将来の希望を何でも話してくれるようになりました。

ま、そんな娘の部屋に今飾られているのは二宮くんのポスター。

そんなもんか?

そんなもんか。。。