2010年12月8日 のアーカイブ

たけしさん

2010年12月8日 水曜日

年末ということもあって、本棚の整理を断行。

小さな部屋に、これ以上本棚は増やせない事情で。

いざとなると、また読み返したりなんかして、なかなか手放せないもんですなぁ。

あ、この本はこんな思いの頃に・・・とか、あんな頃か・・・って懐かしくなりました。

”30歳から独立するための・・・”なんてタイトルの本や、

”成功する人はこういう・・・”なんてタイトルの本がありまして、

経営を学ぶ本が多く、子どもが生まれて父親になった頃に購入したなぁって思い出す。

当時、読んだけど、金儲けや成功学みたいなものは気持ち良くならなかった。

で、今読み返してみても、やっぱり気持ち良くならなかった。

ビジネスマンにはなりたくないって思いが強いんだろうね。

いや、オレには経営は無理って分かったのかも。

占いや風水の本もいくつか。

迷っていたなぁって分かる。

これらの本は、僕の本棚から去ることになりました。

その他には、表現力を養うような本がいくつか。

30代半ば頃に購入したんだね。

”逆転の発想”とか”誰にでもできる・・・術”とか。

地域活動に力を注いでいた頃だ。

僕の基盤にもなったようなジャンルなので、これは棚から外そうか迷った。

で、30代後半の頃になると、本は一つのジャンルにビシッっとカテゴリーされてきた。

デッキィ401で似顔絵を始めたり、地域の団体組織の長をした頃だ。

偉人たちの著書が多く、サクセスストーリーに感銘してた。

J・F・ケネディやジョン・レノンや坂本龍馬。

岡本太郎さん、イチロー選手、宮崎駿さんなどなど。

この頃に池上彰さんの本も購入してる。

これらのジャンルは棚から外さないことにしました。

で、気が付いたら一番多く購入している人の本が、たけしさんの本だった。

僕はテレビで見るたけしさんよりも、本から見るたけしさんが好きなんだろうって分かる。

たけしさん像に引き込まれるのは何処なんだろう?って考えるんだけど、

僕にとってのたけしさんは、表現者であり芸術家であり、心理学者であり哲学者。

若い頃から今までに購入してきた全ての本が、たけしさん一人で全てあるって感じです。

あれ?オレはたけしさんのファンだったんだって、不思議に思ったりしてます。

今回、また新書を買いました。

読むのが楽しみです。

その他に、健康の本もいくつかあります。

年齢とともに、本があるんですね。