2011年8月11日 のアーカイブ

魂はこれからも

2011年8月11日 木曜日

”新潟から全国へ”その思いで16年。

同じ志で使命を果たそうと、

無き道を切り開き必死にもがいている同い年の仲間達がいる。

その筆頭にいるNAMARA代表の江口歩さん。

作家の月乃光司さん。

元アルビレックス新潟キャプテンの古俣健次さん。

新潟パフォーマンススクールの斉木としやさん。

紹介したらまだたくさんいる。

そして佐藤万成先生も。

15・6年前の新潟には、我々のような者は「無法者」扱いだった。

しかも30歳代で、何の土壌も無い、実績も無い、無い無いずくしで、

「お笑い」「似顔絵」「引きこもり」「サッカー」「アイドル」だから、

全て「バカな事を」「無理だ」と周囲の反応は冷たかった。

そんな中、僕らは自然と集まるようになり、

互いに刺激しあい、あきらめず、可能性だけを頼りにやってきた。

僕に関していえば、おそらくだけど、

似顔絵のラジオ番組をやらせてもらったのは全国初。

毎週定期的に一か所で10,000人の似顔絵を描いたのは世界初。

似顔絵がテレビのレギュラーコーナーに使ってもらえているのも全国初。

ま、人知れぬ情報ですが、

東京ではなく新潟で出来ていることに重みがあると僕は思っているんです。

ご縁を頂き使ってくれた方々と、支援してくれる友やお客様全てのお陰です。

僕としては、当初それまで漠然とあった「似顔絵」の常識はぶっ壊したいとだけ思って、

なるようになれって続けていたら、幸運にも理解してくれる方々と出会い、

いつの間にか、こんな展開になりました。

万成先生も、江口さんも、月乃さんも、斉木さんも、古俣さんも、

仲間達みんな、僕なんかよりももっと凄いことしてる。

重圧や見えない壁に歯を食いしばりながら。

彼ら仲間達がいなければ、僕はとっくに消えている。

まだまだ足りないことだらけ。

万成先生の魂は、こらからも僕ら仲間達の心に生き続けるに違いないです。

旅ちょ@軽井沢~6日放送

2011年8月11日 木曜日

6日に放送したUX「まるどりっ!」旅ちょコーナーは、夏休みスペシャル!第二弾。

長野県軽井沢町でした。

夏でも涼しくて過ごしやすい、まさに避暑地。

軽井沢といえば別荘地。

別荘地を抜け賑やかな通りにでまして、立ち寄ったのは「Angelina軽井沢本店」さん。

モモやんは美味しいクレープを食べて、僕は朝から「軽井沢ビール2011」を飲みました。

続いては、歩いている途中に、ふと小路を見たら、

おや?教会と神社があるって珍しいと思って足を止めたら、

その近くに素敵なお店がありました。

「CAFE PICO」さん。

ジョン・レノンさんとオノ・ヨーコさんが足を運んでいたお店でした。

続いては、モモやんが行ってみたい所があるということで旧軽井沢商店街へ。

気になるお店は「旧軽井沢森ノ美美術館」

トリックアートを楽しみました。

ウワーーーーーーーーーッ!!!

コンニチハ~。

ウッシッシ。

ヒョエ~~~ッ。

ドウナッテンノ?

ちなみに、

音声さんがくつろいでいるこの部屋もトリックアートです。

子どもみたいに楽しんだ後、もう一軒行ってみたいお店があるということで、

次にお邪魔したのは「一彫堂」さん。

伝統ある「軽井沢彫り」を拝見させていただきました。

似顔絵はご主人の堀川さん。

詳しい情報は番組ホームページで紹介しています

「旅してちょうない。」ホームページはこちら。

お会いした皆さん、ありがとうございました。