2012年3月21日 のアーカイブ

旅ちょの足あと

2012年3月21日 水曜日

「旅ちょ。」のディレクター兼カメラのコンノさん(写真右から二番目)が、
4月から別な番組に移動となりました。
山形県出身で、新潟に来て一年。
その一年が「旅ちょ。」でした。

お陰さまで「旅ちょ。」は4月で5年目に突入。
そして、もうじき200回。
たくさんの出会いと笑顔、触れ合い、人情の積み重ね。
コンノさんと一年間一緒に歩いてきた足あとは、
思い出マップとして心に刻まれています。

ありがとう。



「旅ちょ。」がスタートしてからずっと一緒のスガイさん(写真左から二番目)
僕と同じ年のおじさんは、
お互い”ちょっとイケてるなおじさんになろう!”なんて言ってます(笑)

モモやんは4月から二年目。
もう新人とは言えなくなるぞ!ってハッパかけてます。

4月からは20代の若いディレクターが加わります。
どこかの町で突然現れる「旅ちょ。」
春からも宜しくお願いします。

旅ちょ@南魚沼市牧之通り

2012年3月21日 水曜日

「旅ちょ。」は南魚沼市牧之通り(ぼくしとおり)に行って来ました。
3年ぶり二度目。
新たな出会いを楽しみに、歩いてみました。

冬の間は雪深い厳しい地を、ユニークなオブジェで紹介してありました。
思わず微笑んでしまうお招き、僕はこういうセンス大好きです。

雪国ならではの風情ある雁木。

ふと横を見ると、これまた風情ある小路。

魚沼釜蔵塩沢店さんから、食欲をそそるイ~イ香りに引かれ、
さっそくお邪魔しました。

笑顔がとっても素敵な店長さんが、観光客に試食してもらうために、
もち豚ホルモンを炒めていました。
 
僕らも頂いちゃいました。
臭みがなくて噛みやすくて、とっても美味しかった~!

商品は味付きになっていますので、炒めるだけ。
おすすめです!

通りに出たら、観光客と出会いました。
なんと、モンゴル、韓国、ブラジルからお越しの方々でした。

日本が好きで、日本に憧れて、日本語を覚えて来たんだそうです。
嬉しい出会いでした。

さ、次に気になったお店はこちら。
越後玄米蔵さん。

 
 
炊くと艶があってお米の香りが広がる塩沢産のおむすびを頂きました。
言うまでもありません、格別!もう最高!!

さ、そして次に「両替商」という看板が気になって立ち寄っりたくなったところは、
塩沢信用組合さん。

旅ちょは時と場合、独断と偏見で金融機関にもずうずうしく突入すちゃいます。
お邪魔してみたら、驚きの空間が待っていました。

なんということでしょ~(どこかで聞いたフレーズ)
土日は営業がお休みですけど、この空間はオープンしているそうです。
僕らのお相手をしてくれた内田さんと、こちらの制服塩沢紬を着させていもらいました。


あの佑ちゃん似のイケメン職員小林さん。

とても風情ある街並みにした牧之通り。
全国から、海外からもお客さんがたくさんやってくるのは、
ハードの面で整備しただけじゃないだろう?と思って、
内田さんから教えていただきました。

「まち全体が一体になって、どうしたらお客様が喜んでくれるかいつも考えています」

各地でよく聞く言葉ですが、これがなかなか出来ない。
「お客様」のイメージがそれぞれバラバラだから一体にならないんです。
いったい「お客様」とは何処までの範囲なのか?

それがきっと、牧之通りの方々のイメージが一体になったんでしょうね。
たくさんの観光客を案内していたお店の社長さんがいました。
ハードだけじゃなく、ソフトの面でもお迎え、おもてなしをしていて、
「また来たい町」って思ってもらえるようにと、取り組んでいらっしゃいました。

今回の似顔絵は、塩沢信用組合の内田さんです。

牧之通りの皆さん、ありがとうございました。

ズックでいこう旅してちょうない。ホームページ>>>

3.18スマイルショット

2012年3月21日 水曜日

3.18DeKKY401やまだみつるの似顔絵コーナー・スマイルショット。

ゆづきくん3ヵ月とママ。