2014年4月 のアーカイブ

旅ちょ@阿賀町津川~19日放送~

2014年4月24日 木曜日

新パートナーまきまきと二回目の旅に、やって来たのは阿賀町津川。
旅ちょで過去何度もお邪魔した町ですが、まだ立ち寄ったことがない所。
念願の麒麟山酒造さんへ突撃で行っちゃいました!


愛飲してるお酒がここで作られています。
お相手してくれたのは営業部長さん。
お仕事中にも関わらず快く迎えてくれて、気さくなお話で和ませてもいただきました。

麒麟山酒造さんは社員総出で山の森林を整備し、田んぼに苗を植え、
秋には酒米を収穫して、そして酒作りをしているそうです。
地域と共存共生し、未来永劫続いて行くよう循環型の取り組みをしてるんですね。
とても感銘しました。
まきまきの顔がちょいとトロ~ンとしているでしょ?(笑)

特別に酒蔵見学をさせてもらったんですよ。
試飲も。
もちろん、おみやげに一本お買い上げしちゃいました。

次はバッタリ会ったおばあちゃんがオススメしてくれたお店。
雁木通りにある山彦(やまびこ)さん。
あ、ここの通りで発見したのですが、雁木発祥の地は津川だそうです。

紹介してくれたお婆ちゃんは常連さんで、お店を経営しているご夫婦とお会いしました。
マスターのご主人は修行時代に中華料理をされていて、
その後奥様とお店をオープンして、当初はスナックを経営してたそうです。
今は昼間のみの営業でラーメンが食べられます。
ご夫婦二人三脚で町の憩いの場を提供してくれているんですね。

さらに出会いがありました。
写真工房冬人さん。

出迎えてくれたのは奥様で、
僕が週末にDeKKY401で似顔絵を描いている姿を何度も見てくれていたらしく、
初めてお会いしたとは思えないような気さくにお話をしてくださいました。

お屋敷の1階は写真館で、2階はギャラリーと喫茶スペースでした。
古民家を改装したこちらの建物は奥様のご実家だったそうで、
ご先祖様もさぞかしお喜びでしょうね。
ご主人が撮影した阿賀町の美しい風景の写真が展示してありました。


芸術家のご主人と奥様はどういう生活をしているのか聞いたのですが、
応えは一言「ほったらかし」ということでした(笑)

今回の似顔絵は麒麟山酒造の営業部長漆原さんです。


気さくで温かい人情に酔った津川の旅でした。

詳しい旅のアクセスは番組ホームページに紹介しています>>>旅してちょうない。

玉木まきまき

2014年4月23日 水曜日

昨日は旅ちょロケでした。
ロケ地出発前、僕が作ったまきまき玉子を、
出汁まきに食べてもらいました。
あ、違った。。。
まきまきに出汁まき玉子。
なんかややこしい!(笑)

玉木佑貴子アナのブログ>>>玉ちゃんのたまごブログ

こちらも>>>まるどりっ!

点と点を繋ぐ

2014年4月22日 火曜日

やはり流れは変わってきてる。
根拠はないですが感覚で。
これまでの専門分野を構築する思考がそろそろ無理が来てる。
どういうことかというと、例えば、
「商店街」なら商店街に関わる人達で、
「農業」なら農業に関わる人達で、
「子育て」なら子どもがいる人達で、
上げたら切りがないんだけど、何だ当たり前なことをと思うでしょう。
専門家もいれば資格を取るなどしてレベルアップしてるんだからって。
ところがここに来て、大本が当たり前じゃなくなった。
人口減少です。

またまた例ですが、
お父さんとお母さんとお兄ちゃんと妹がいる家族がいるとします。
それぞれに部屋があってテレビがある。
お父さんはお父さんの好きな番組しか見ない。
お母さんはお母さんの好きな番組、
お兄ちゃんはお兄ちゃんの好きな番組、
妹は妹が好きな番組しか見ない。
自分の好きな情報しか興味が無い。
ま、極端に言うと、これと同じような社会だと思っていいわけです。

これからは、どんなコラボレーションができるかでしょうね。
いかに点と点を結びつけるか。
どんなアイデアを持ち寄ってシャッフルしハイブリッド化するかでしょうね。
これまでの”当たり前”はもう土台から”当たり前”じゃなくなたので。

0からゼロ

2014年4月21日 月曜日

DeKKY401で毎週末似顔絵描いてきて12年。
今週お客様ゼロでした。
とうとうこの日が来ました。

スタートした時から覚悟してました。
お客さんから゛お前はもういらない゛と宣告されたら終わりなんだと。
その時が来たんだと確信しました。

ここ数年、ずっと雨が降っていて、
それでも雨宿りに来る人が何人かいたんだけど、
とうとう誰も来なくなったから、
もうこの家の軒先は役目を終えたって感じです。

この場所で精一杯全身全霊でやってこれました。
身に余る程たくさんの出会いを頂きました。
一人でもこれだけ出来るんだなって強くもなり、
その分、泣きもしました。

もうこれ以上ここでは出し切れない思いです。
感謝感謝です。
家族には、後一年やらせてほしいと伝えていました。
少し時間をかけて次の展開を決めます。

0というのは気持ちがいいもんで、
またゼロからのスタートが出来るとスッキリした気持ちにもなっています。
私をここまで支えてくれたDeKKY401さんに心から感謝し、
この後のことを相談したいと思います。

似顔絵を辞めるわけじゃないので、
これからも宜しくお願い致します。

田中亜土夢選手

2014年4月20日 日曜日

猫の絵がどんどん縁を結ぶ。
「君ならできる」Tシャツを着て出かけたら、今度はこの方と遭遇!
アルビレックス新潟の10番田中亜土夢選手~っ!!

闘志を内に秘めたような優しい眼差しで、私がビッグスワン観戦未勝利を話したら、
どうか陰ながら応援してくださいって返しも上手い!(笑)

会っちゃったからには応援します。
いえ、そもそも応援してたんで、さらに!

今日の広島戦、ガツンといったれ~!!