2014年7月11日 のアーカイブ

ゴールド人材エンターライブ

2014年7月11日 金曜日

他に類のないイベントが開催されます。

シンポジウムは松井弘恵さんと僕が司会を務めます。

必見です!

詳しくはNAMARAのホームページで>>>http://www.namara.tv/gold/live.html

「旅してちょうない。」歩いて歩いて300回

2014年7月11日 金曜日

お陰さまで放送300回となります。
新潟県各地を歩いて歩いて7年。
もはや「旅ちょ」は僕の代名詞となっています。

巷でよく「本業は絵描きさんですよね」って聞かれますが、
テレビは決して片手間で出来る仕事ではありません。
どちらも本業です。

僕はそんなに器用じゃないですから、
いろんな本を読んだり歴史を調べたり、料理したり風景写真を撮ったり、
英語や農業を勉強したり、酒場に繰り出して世間は何をし何を考えてるのか等など、
引き出しにいっぱい入れとかなきゃいけなくてね。

テレビに出ている他の方々はどうしてるのかは分かりませんが、
きっと人には言えない苦労をされてるんじゃないかと勝手に察してもいます。
ひとつだけ言えるのは、番組スタッフさんとの良き関係があるからこそ、
良き展望を抱いているからこそ出来てるはずです。

初めて伝えますが、僕は42歳でテレビの旅のコーナーを担当するに到り、
どうしたらいいか分からないので、大先輩を意識し道標にしました。
そのお一人はBSNの大倉修吾さん。
ラジオパーソナリティとして番組を36年続けたお方。
新潟の庶民派バラエティの形を築きあげました。

もうお一人は、TeNYで「いい旅新潟」を毎週13年続けた瀬賀倫夫さん(亨年58歳)
若い方が旅をするコーナーはいくつかあれど、オジサンが旅をするって当時珍しくて、
タレントさんでもアナウンサーさんでもない、村上のご出身でギタリスト。
ナチュラルは語り口と人との出逢いの喜びを心から伝える方でした。

大倉修吾さんは36年、瀬賀倫夫さんは13年。
旅ちょの7年なんてまだまだです。
なんとか瀬賀さんには追い付き追い越したいですね。

偉大なお二人の孤独感やご苦労を察するだけに、
お二人のそんな領域に近づいている妙な嬉しさもあったりして。
これからも許される限り、歩き続けて行きたいと思っています。

明日のまるどりっ!
見てください。