2015年7月8日 のアーカイブ

サプライズはNo thank you

2015年7月8日 水曜日

お客様にご理解をしていただきたいので、お伝えします。

結婚式や誕生日やお祝いにと、お友達やご家族に同僚の方のお写真を持って来られて、

サプライズで似顔絵を描いて欲しいというご要望が多いのですが、

誠に申し訳ありませんが、似顔絵が描けないアングルのお写真ばかりなのです。

写真例

  

  

お会いしたことがない人だけに、写真だけが頼りなのですが顔の特徴が分からないのです。

細かいことですが、一重まぶたか二重まぶたかで顔の印象が全く違います。

写真が数カ月前で、今の髪型が違えば、違うものになってしまいます。

カメラを向けられると笑わない人も多く、実際はいつも笑顔の方もいます。

例のようなお写真では判断し辛いということをご理解ください。

大切なのは、ご本人が喜んでもらえる似顔絵なのかどうかということ。

しかも結婚式や還暦祝いなどは一生に一回の贈り物ですから尚のこと。

では、どういうアングルの写真がいいかというと、

OKアングルの例です。

 

この3つの表情で、正面向いたカメラ目線の背景が白いアングルです。

比較的簡単な撮影です。

サプライズが目的なのでどうしても似顔絵用に写真が撮れないとなれば、

誠に申し訳ありませんが、お断りしている次第です。

「私は客よ!」とお叱りを頂戴したこともありましたが、

作品を手にする方の笑顔を第一と考えていますので、

妥協せずに対応させてもらいました。

似顔絵といえば500円とか1,000円くらいというイメージを持ってる方が多いと思いますが、

だいたいその絵は机の中か押入れにお蔵入りするものばかりでしょう。

ですが、私は部屋に飾ってもいい作品を提供したいと思い、

それなりの価格にしています。

ですが、お金の為に描いているわけじゃありません。

サプライズのご注文が多く、その度にお客様に説明しご理解を求めていますが、

一度流行した世の中の風潮は強く、ご理解いただけないことがほとんどです。

おそらく私は頼んでも断られる絵描きだと思われているかもしれません。

ですが、ご理解してくれるお客様もいらっしゃいます。

写真ではなく、直接お会いできるように段取りを運んでくれるお客様もいらっしゃいます。

心から感謝申し上げ、最高の笑顔の似顔絵を描いてお届けします。

似顔絵の場合、サプライズは上手くいく可能性がかなり低いです。

最初から「似顔絵を贈りたいので」と伝えた方が上手く運びます。