2015年7月23日 のアーカイブ

旅ちょ@長岡市山古志~18日放送~

2015年7月23日 木曜日

ディレクターの指令は山古志に行けと。
望むところ!むしろ待ってました!
旅ちょ8年目でまだ踏み入れたことがない町。
中越地震から11年。

山古志の人達とお会いしたいと、まずは向かった所は「アルパカ牧場」
人じゃないんかい?ディレクター!(笑)

偶然、毛刈りを体験することができました。
人懐っこくてカワイイ!

さ、次も行ってみましょう!って行ったところは錦鯉。
だからさ、人じゃないんかい?ディレクター!

世界各国から錦鯉を求めて山古志に来るそうです。
自信から山古志は復興したよと世界にアピールもできてる。
凄いよね。

「で、ここまで来たら闘牛ですけど、どなたか紹介してもらえませんか?」
と養鯉場の方に聞くディレクター。
もう分かったよ・・・今日はアニマルデーだ~ね。

ということで、ジャ~ン!

赤い服のアタシ・・・

今度は牛の角突きを見てみたい。
迫力あるんだろうなぁ。

今回の似顔絵は、20代のイケメンを描きました。
平沢和寛さん。

中越地震から11年。
地滑りした山や谷。
土砂で埋もれた川が植物こそ成長していますが、そのまま残っていました。
山古志で生きてきた人達は、11年前は絶望していたそうですが、
それでもみんな山古志に戻り、さらに山古志を強く思う気持ちになったそうです。
アルパカも錦鯉も闘牛も、山古志の人達と一緒に暮らしてる。
「山古志」という地名が、私にとっては聖地のような響きを感じてなりません。

山古志でお会いした皆さん、ありがとうございました。