2016年7月21日 のアーカイブ

似顔絵を解く

2016年7月21日 木曜日

似顔絵を描くって特徴をとらえるところから始まりますが、アタシの場合は数学を解いてるみたいな感覚なんです。

例えば、目の前の人がいるんで答えは10だとします。これを1+9にするのか、3+7にするのか、2×5にするのか、幾通りもあるんだけど、どれにしようかって描きながら選んでる。とりあえず引き算割り算になることは無い。

これが3+9とか3×4じゃ多すぎるし、2+4じゃ足りない。こうなるとドつぼにハマって何描いてるのか分からなくなる。なのでなるべく単純に考えて、自分の好きな数式(パターン)に持って行くようにしています。

でもね、答えは10だけど9とか8くらいが似顔絵でして、10は肖像画になっちゃうわけ。7や6はイラスト。

決して優等生じゃないところが庶民的でいいんだよ。

さらに言えば、解くとは「ほどく」とか「取り除く」という意味がありまして、弟子達に「足さない」「加えない」「削り落せ」と言っているのも、そういう感覚からです。