旅してちょうない@十日町市~22日放送~

当てのない旅ちょ、今回のディレクターの指令は十日町市。
2014年1月以来。
何を隠そう縄文好きなアタシ。
この時に何気に十日町市博物館に行ってるんです。

思い出のシーンがこちら(2014年1月25日放送)
http://uxtv.jp/blog/marudori/tabi_chonai/2014/01/post-204.html

ということで、国宝 火焔型土器を目にすることができませんでした。

ところが今回、まさかの展開から博物館に案内してもらうことに!!
く~~っ!(((≧v≦)
とうとう本物に会える~~!!

か・え・ん・が・た・ど・きーーーーーーーーーっ!!!!

神秘的なデザイン。
約4500年前に作られたもの。
これを作った人に会ってみたいって思うほど。
恐怖も含まれてこそ本物の「美」
その要素が含まれています。

この国宝火焔型土器を、来る東京オリンピックの聖火台をモチーフにと推進しているそうです。
約1万年も続いた縄文時代。
文字がなかったから記録としては残っていませんが、それだけの長い間にほぼ争いが無かった。
つまり、土器は平和の象徴なわけです。
これは世界に誇る日本の素晴らしい歴史です。
縄文時代を語り出したら、凄い文字数になるんで端折って、
何が何でも、ぜひ実現してほしい!

もうね、アタシはここの博物館で学芸員として働きたいと思うほど、
縄文時代に引かれています。

なんだけどね、
今までアタシが縄文好きと言っても、旅ちょ歴代パートナーや歴代スタッフは、
何が?って心のシャッターを下ろしていましたが、
苦節8年!
レプリカを囲んでみんなの笑顔。
ようやく賛同してもらえるようになりました(涙)

もう満足。
今日の旅はこれで終わり。
縄文時代のロマンをお伝えしたらお腹いっぱいだろうってディレクターに言ったら、
「そうはいきません」とバッサリf(^^;

妻有ポークがあるとの情報を頂き、
「食べたいでしょ?」って一言に、即うなずくアタシ。
紹介してもらった「ごったく」さんへ。

妻有ポークを浸かったランチをアタシもまきまきも、ペロリと食べました。
歯ごたえが柔らかくて直ぐに溶けるお肉で、食べた後に旨みが残る絶品でした。
写真を撮るのを忘れてたもんだから、妻有ポークのチャーシューを紹介します。

うんめかった~(^^)

この後、小島屋さんの社長とバッタリ!
「暑い中にご苦労さま」って美味しいお水を頂戴しました。
お気持ちありがとうございました。
今度はお店にお邪魔します。

今回の似顔絵は、僕らを案内してくれた道の駅クロステン十日町の富井さんです。
大地の芸術祭が開催されていてお忙しい最中にお付き合いして頂いたお礼に。

十日町市でお会いした皆さん、ありがとうございました。

本番前

いつも昨日とは違うチャレンジをする。
いつも昨日とは違う小さな感動をする。

今失敗しても、いつの日か使える時が来る。
今成功しても、いつの日か古いものになる。

そんなもん。

なんて思いながら。

ウケる~(^_^)

DeKKY401似顔絵コーナー。
お子ちゃまはカワイイに決まってるけどさ、カワイイよね(^_^)

似顔絵スタンプ。
豊栄商工会青年部の部長。
ウケる~(^_^)

弟子1号の描き下ろし。
これで3度目の松本人志。
だんだん雰囲気を描けるようになってきた~(^_^)
4度目はあるのか~?

あけちゃんの描き下ろし。
実はね、控えめだと自分で言っているあけちゃんだけど、
下描きの出来を見ると、まるで梅図かずおさん風の怖い絵になっているんだよね。
一茂さんか?これ!?って(笑)
毎回それを見るのがレアっぽくて楽しみ(^_^)

マコトくんの初個展まであと1カ月となりました。
今回の書き下ろしは来週に持ち込み。
何が良くて何が悪いのか自分で感覚が分かるよになってきました。
ただね、真剣になるのはいいんだけど、
顔が怖い(^_^)

今夜8:00からadecode

今夜8時からUSTやまだみつる&まついひろえadecode生配信です。
ゲストは岩室の養蜂家・草野竜也さん(29)

養蜂=ヨーホーとは、ミツバチを育てハチミツ(蜜ろう)を収穫する農家のことです。草野さんは新潟市西蒲区岩室地区で養蜂業を営み、29歳という若手ながら『新潟県知事賞』を受賞した経験もあり、美味しいハチミツを生産すると評判の新潟県期待のホープです!草野さんと養蜂との出会い、知られざる養蜂家の生活ぶり、美味しいハチミツを作るポイントなどについてたっぷりお話をうかがいます。

▼配信はこちらで!
http://www.ustream.tv/channel/adecode

■草野竜也さん
1986年生まれ。新潟高校卒、千葉県の工業大学在学中に「自分の人生をリセットしたい」と思い立つ。地元に帰った際に養蜂と出会い、「人がやっていないことをやりたい」と新潟県では10人もいない専業としての養蜂業に挑戦。2012年にアカシア部門で『新潟県知事賞』を受賞。こだわりのハチミツの味は各方面で高い評価を受けている。

まさに限定!ウエルカムボード

この秋のブライダルシーズンに向けて、
ウエルカムボードのご注文をお受けしています。
結婚式を迎えるカップルで似顔絵がご希望の際は、
まずは土日に新潟市DeKKY401へお越しください。
洋装・和装のご希望にお応えします。
幸せなお二人のとびっきりの笑顔を描きます。
料金は16,000円(税込)
制作には一週間要しますがご了承ください。
ご予約はお早めにお願い致します。

※サプライズは受付していません。