第1話 4月7日放送

「ラジオで似顔絵を?このギャップがイイんだな」

 はじめまして。僕は豊栄市で父の経営する小さな自動車鈑金塗装工場 「第一鈑金」で働きながら、似顔絵を描いているやまだみつると申します。 僕の名前を聞いて「似顔絵を描いてもらった」って人も多いと思います。 みなさん、お元気ですか?いろんな土地でお世話になりました。
 さてさて、車相手の仕事の僕と、傍らで人の似顔絵を描く僕。 テレビではなくラジオで似顔絵をお伝えする事。まったくギャップだらけになりました。そもそも僕の38年の人生がギャップだらけで生きてきたようなもんで、 このギャップの世界も一緒に楽しんでいただけたら幸いです。
 自己紹介が遅くなりました。 僕は、東京オリンピックが開催され、新潟地震があった昭和39年の豊栄町、 現在の豊栄市に生まれました。当時、家族は母方の両親と同居してまして、 父としてはサザエさんのマスオさん状態だった我が家は5・10の市(いち)が並ぶ、 葛塚市(くずつかいち)で賑わう通りにありました。 毎日がお祭りみたいで、沢山の商人や行き交うお客さんに声を掛けられて育ちました。 僕のホームページのトップページには、当時のヒーローだった「赤影」に扮した 2歳の僕の写真を貼り付けております。 カタカナで「サンデンマンの似顔絵展」を検索してみて下さい。 ちなみに、ハンドルネームの「サンデンマン」とは、僕の名前を音読みしたものです。 なぜ僕が、将来似顔絵を描く事になったのか、原点のような出来事も、 この頃から見え隠れしてるんです。 それって言うのは、両親も爺ちゃんも仕事が忙しくて、僕は平日の昼間、よその家に預けられて、子ども心に、ここは身内じゃないという遠慮というか、 我がままが言えない不自由さというか・・・。 預けられた家の中で子どもは僕だけですから、子どもが好きな漫画本を渡されるわけです。僕は「鉄腕アトム」「黄金バット」「のらくろ」の本を喜んで見てたそうです。 そうです、字は見ないで、絵を一コマ一コマ食い入るように見てたらしいです。

この続きは、また来週です。