第12話 6月23日放送

「合併」

 2000年9月23日、豊栄市が市制施行30周年の記念に、 「豊栄雁ばれ祭り」と称して、市民が主催になって大イベントを開催しました。 仲間達から助けられ、この僕がリーダーの大役を勤めさせてもらいました。
 野球場をイベント会場にして、フリーマーケット、ウォークラリー、露天広場、 日曜大工コーナーに、ハンディ体験コーナー、マーチングバンドの演奏の他に、 豊栄市商工会青年部の企画は、昔、家の建前にお菓子や小銭を撒いた風習を、 豊栄では「だんごまき」と呼んでまして、 大きなやぐらを設置しての「日本一のだんごまき」は、小雨の中でしたが、 約3千人が集まっての大騒ぎでした。
 そして、大山のぶ代さんをゲストに、 イベント会場から、BSNラジオ「ハロー・ジャンボサタデー」の生放送をしてもらい、 市民のみんなで、感動的なお祝いをしました。
 僕の小さな2人の子供達に、これからず~っと、
「お父さんは、豊栄市が30周年の時に、仲間達と一緒にお祭をしたんだぞ!」
「40周年になったら、また祝い事があるはずだから、お前たちも参加しなさい」
と言うはずでした。 平成17年4月には、豊栄市は新潟市になってしまいます。 子供たちに、40周年の祝いを託すことは出来なくなりました。 我が街豊栄市は、34年で幕を閉じることになります。 合併される地域にしか分からない淋しさがあります。

続きは、また来週です。